【Kindle読者様 限定記事】iDeCo(イデコ)の金融機関について、SBI証券と楽天証券を例に

こちらはKindle電子書籍『iDeCoの話: 3年間の資産運用から生まれた11の具体例』読者様の限定記事です。

・電子書籍の販売ページはこちら
・電子書籍のサポートページはこちら

電子書籍をご覧頂き、ありがとうございます。

書籍内で触れているのですが、私はiDeCo(イデコ)に加入する際、まずはSBI証券を選びました。
その後、楽天証券に変更しています。
一応、2つの金融機関でiDeCoをやってみた、ということになります。

そこで今回の記事では、iDeCoの運営管理機関(金融機関)であるSBI証券楽天証券について、私が思ったことを率直に書いてみようと思います。

ただ、SBI証券を利用していたのは3年ほど前で、利用期間もとても短かったです。
そのため、SBI証券についての記載は控えめで、今も利用している楽天証券についての話が具体的で多めになっております。

私見です、また、正確な情報・最新の情報とは異なる可能性があります。
金融機関選び、また、商品選びなどiDeCoや投資に関する判断は自己責任にてお願い致します。

その上で、こういう考えの人もいるんだ〜と気軽に読んでもらえると嬉しいです。
金融機関選び(SBI証券、楽天証券に限らず)の参考にしてみてください。

――――― ここから先はKindle読者様限定です。

続きはKindle読者様限定ということで、パスワードが必要です。
パスワードは、Kindle電子書籍の「おわりに」に記載しております。

以下のフォームに入力して記事をご覧ください。

限定公開

閲覧にはパスワードが必要です