【第8回(最終回)】資産運用、ずーっとほったらかし

iDeCo(イデコ)の振り返り連載、第8回目(最終回)です。

本連載の目次ページはこちら

今回は資産運用(お金の増減)に焦点を当て、最初から通して振り返ります。

私は運用管理機関の変更(SBI証券から楽天証券へ)を行ったため、ドタバタしてやることが多く見えたかもしれませんが、資産運用に限って言えば「掛金の配分指定」以降は何もしていません

一言で言うと「ずーっとほったらかし」です。
詳しく見ていきましょう。

資産運用の詳細

掛金納付金額

私の毎月の掛金納付金額は23,000円です。
毎月指定した銀行口座から自動的に引き落とされています。

金額の変更も可能(年1回限り)ですが、iDeCo加入から現在まで私は一度も変更していません。

SBI証券での資産運用

2018年

下の表は掛金の納付(拠出)状況をまとめたものです。
初回手数料3,047円と毎月の手数料167円を差し引いた金額(表の一番右の項目)を使って、商品を購入することになります。

※① ※② 掛金 手数料 掛金 – 手数料
7月、8月分 9月 10月 46,000円 3,047円 42,953円
9月分 10月 11月 23,000円 167円 22,833円
10月分 11月 12月 23,000円 167円 22,833円
合計 92,000円 3,381円 88,619円

※①:銀行口座から引き落としされる月
※②:資産として反映され、商品が購入される月

購入する商品(掛金の配分指定)
・「三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)」(掛金の100%の割合)

2019年

運用管理機関の変更(SBI証券から楽天証券へ)に伴う商品の売却
・「三菱UFJ国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)」を全て売却

売却時の資産状況は以下の画像の通りです。

画像の数字について解説します。

  • 拠出金累計:92,000円 —– これはそのまんまですね。
  • 損益:-2,572円 —– 手数料も損益に含まれています(これは正直わかりづらいので、分けて表示してほしいと思っています)
    手数料が3,381円かかっているのに損失が2,572円ということは、809円の運用益が出たという結果になります。
  • 資産残高:89,428円 —– 拠出金累計 + 損益です。

 

そしてこの資産残高:89,428円から運用管理機関変更の手数料:4,320円を引いて、85,108円。

この85,108円が楽天証券へ移管されることになります。

楽天証券での資産運用

2019年

(↑↑この年ですが、下の表の※②の月を基準とさせてください)

掛金の納付(拠出)状況をまとめます。

※① ※② 掛金 手数料 掛金 – 手数料
移管資産     85,108円 支払済 85,108円
11月分 12月 1月 23,000円 省略 省略
12月分 1月 2月 23,000円
1月分 2月 3月 23,000円
(中略)          
9月分 10月 11月 23,000円  
10月分 11月 12月 23,000円  
合計 361,108円 1,948円 359,160円

※①:銀行口座から引き落としされる月
※②:資産として反映され、商品が購入される月

上の表ですが、月ごとの手数料はあえて省略しました。
この年は月によって103円、167円、171円など違いがあってわかりづらくなるためです。

違いがある理由ですが、運用管理機関の変更の影響や、2019年10月から消費増税の影響などがあります。
数十円単位の話ですし、年間を通しての合計手数料が1,948円だったという情報でご容赦ください。

購入する商品(移管資産、および掛金の配分指定)
・「三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド」(掛金の35%の割合)
・「楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))」(掛金の35%の割合)
・「楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))」(掛金の30%の割合)

これ以来、設定は何も変えていません。ずーっとほったらかしです。

毎月、銀行口座から23,000円が自動的に引き落とされ、指定した商品が自動的に購入される。
淡々とそれが繰り返されるわけです。

ほったらかした結果、2019年の損益は以下の通りです。
(画像は「確定拠出年金お取引状況のお知らせ」という書類で、1年間の取引結果をまとめたものです)

今のところ資産が44,543円(右上の評価損益)増えているという結果です。
「今のところ」というのは重要で、今後減る可能性もあります。

これに加えて節税効果があります(節税効果については【第7回】iDeCoの節税効果(所得税と住民税の節税編)の記事をご覧ください)
節税できた金額については「今のところ」ではなく、確定です。

2020年

2020年は2019年の設定と全く同じです。
詳細は省略して最終結果だけ掲載します。

掛金の納付(拠出)状況をまとめます。

掛金 手数料 掛金 – 手数料
移管資産と
2019年分
361,108円 1,948円 359,160円
2020年分 276,000円 2,052円 273,948円
合計 637,108円 4,000円 633,108円

今のところ資産が128,799円(右上の評価損益)増えているという結果です。

そして現在へ

そして、本連載の最初の記事(【連載】iDeCo(イデコ)を始めて2年半くらい経過したので、振り返ってみる)の冒頭(下の画像)にたどり着いたわけです。

2021年

2021年3月19日現在の運用状況です(楽天証券)

今のところ資産が227,032円増えている。

ということで、これで現在に追いつきました!

運用中にやっていたこと、やらなかったこと

やっていたこと

資産の確認は定期的にやっていました。具体的には、

・iDeCo専用WEBサイトにアクセスして資産の状況を確認(眺める程度です)

・楽天証券の場合(他の金融機関でも同じかもしれませんが)、年に一度「確定拠出年金お取引状況のお知らせ」(「ねんきん定期便」のようなもの)が届くので、それを読む

・毎月家計簿をつけているので、銀行口座から掛金の23,000円が引き落とされていることを確認

やらなかったこと

運用中に以下のようなこともできたのですが、私はやりませんでした。

・掛金の金額変更

・配分変更(毎月の掛金で購入する商品や割合を変更する)

・スイッチング(既に購入済の商品を売って、別の商品を買う)

まとめ

ついに最終回です、ここまでご覧頂きありがとうございました!

私とiDeCoの2年半くらいを振り返るということで、iDeCoの全体像をもれなく紹介するというものではなく、偏った内容にはなっていると思います。
ただ、その分具体的な事例をご紹介できたと思いますので、参考にして頂ければ幸いです。

連載の内容についてご意見やご質問がございましたら、コメント欄やお問い合わせフォームより連絡をお願い致します。

ありがとうございました!

(おしまい)