【第2回】掛金について

iDeCo(イデコ)の振り返り連載、第2回目です。

本連載の目次ページはこちら

2018年9月のお話

会社を巻き込んでの書類の作成が無事終わり、iDeCoへ無事加入できました。

「ID、及び初期パスワードのお知らせ」も届いたところで、早速専用ページにログインして運用開始!
と、いきたいところなのですが、その前に…。

掛金について説明をさせて下さい。

説明にあたり、前回の記事でも掲載した「個人型年金加入確認通知書」「掛金納付及び引落しについてのお知らせ」という書類を詳しく見ていきましょう。

基礎年金番号や会社名やその他個人情報が書かれていますが、それは問題ないでしょう。

今回は確認すべきポイントとして「日付」と「金額」に注目してみました(画像赤枠部分)。

個人型年金加入確認通知書

  • 資格取得年月日:平成30年(2018年)7月12日

iDeCo加入のための書類をポストに投函したのが7月8日なので、その数日後には資格取得(iDeCo加入)できたということですね。

掛金納付及び引落しについてのお知らせ

  • 毎月の掛金納付金額:23,000円
  • 毎月の掛金納付日:毎月26日引落
  • 掛金引落開始年月日:平成30年(2018年)9月26日
    初回引落金額:46,000円 ※平成30年7月分から(2ヶ月分)

(説明の都合上、画像とは並び順を変えています)

それぞれ解説します。

毎月の掛金納付金額:23,000円

まずは掛金の額ですが、この金額:23,000円はどこから出てきたのか、という話です。

実は第1回の記事で出てきた書類「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」の左上に書いています。
自分で金額を決めることができ(金額の上限下限はあります)、ここに記入した金額が反映されています。

掛金の納付方法は銀行口座からの引き落とし、もしくは、会社員なら給与天引きが選択できます。
ミツルは銀行口座からの引き落としを選んだので、以後、その前提で説明を進めます。

毎月の掛金納付日:毎月26日引落

毎月の掛金は翌月の26日(休業日の場合は翌営業日)の引き落としとなります。
※ 例えば、4月分の掛金は、翌月の5月26日に口座から引き落としといった感じで

これは変更できません。
(年単位の支払いもできるようですが、ここでは割愛します)

掛金引落開始年月日:平成30年9月26日
初回引落金額:46,000円 ※平成30年7月分から(2ヶ月分)

iDeCoの初めての掛金として、9月26日に指定した銀行口座から46,000円を引き落とします、ということです。

46,000円という金額は何か?というと、7月分の掛金23,000円と8月分の掛金23,000円の合計(2ヶ月分)です。

少しややこしいのですが、加入手続き完了のタイミング次第では、初回に限り2ヶ月分まとめて引き落としとなります。
これはiDeCoの手続きの都合上、そういうものだと割り切っておきましょう。

次回以降は毎月26日に23,000円が引き落とされていく、という流れになります。
・9月分の掛金 → 10月26日に引落
・10月分の掛金 → 11月26日に引落

という感じです。

まとめ

iDeCoに無事加入できた!と喜んでばかりはいられません、掛金の納付はすぐにやってきます。

しかも初回は2ヶ月分なので引き落とし先の銀行口座にお金が足りない!という状況にならないよう注意が必要です。

次回の記事からはいよいよ運用に入ります。

(続きます!)