【第1回】SBI証券に資料請求、書類の作成、iDeCoへ加入完了

iDeCo(イデコ)の振り返り連載、第1回目です。

本連載の目次ページはこちら

とりあえず大手だし安心かな、みたいな理由でSBI証券でiDeCoを始めることにしました。

SBI証券に資料請求

2018年6月23日

SBI証券の公式HPから資料請求。必要事項を入力し、申し込みました。

ちなみに、私は年齢:30代(当時も今も)、職業:会社員(第2号被保険者)です。
(職業によってiDeCo加入の流れなども変わってきますので、一応前提として)

2018年6月30日

資料が届きました。

あとは書類に必要事項を入力して提出するだけだから簡単じゃん、と思っていたのですが…

書類の作成

いくつか記入して返送する書類があるのですが、そのうちの一つ
「事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書」という書類。これが曲者です。

事業所登録申請書 兼 第2号加入者に係る事業主の証明書

なぜかというと会社に記入してもらう項目がたくさんあるからです。
こんな書類です(クリックで拡大できます)

(この画像は既に会社の人に書いてもらった後の完成版の書類です)

左上の赤枠で囲った部分だけは自分で書きます。
「残り全部」を会社の人(総務とか事務の人とか)に書いてもらう必要があります。

見ての通り結構面倒臭いですし、iDeCoって何?みたいな感じだとその説明からしなくてはいけません。

iDeCoに加入するのが当たり前の世の中なら「この書類お願いします」でいいと思うのですが、2021年の現在でもそこまでは普及していないと思いますので、事務の人に丸投げはできません。

私もあらかじめ書類の書き方について調べた上で会社の人に説明し、画像にもありますが付箋を貼るなど、なるべく会社の負担を減らせるようにはしました。

が、それでもなんだか申し訳ない気分になっちゃいましたね。

不明点をSBI証券のiDeCo専用ダイヤルに電話して確認

書類の書き方でよくわからないところは電話で確認しました。
この回答がどの会社でも通用するかわかりませんが、参考までに。

———-

事業主名称(代表者肩書 氏名)とは?
代表取締役 社長の氏名を書くケースが多い。事務の人が代わりに書けばOK。
———-
事業所印鑑とは本社の印鑑?支店の印鑑?(私は支店勤めですが)
支店の印鑑でも構わないが、会社名が入っていること。
———-
申出者を使用している厚生年金適用事務所の住所・名称等について
支店勤めだとしても、厚生年金適用事務所が本社なら本社の住所・名称を書く。
ミツルによる補足
会社に確認したところ、私の場合は支店勤めではありますが、厚生年金適用事務所は本社になるため、本社の住所・名称を書いてもらいました。
———-
連合会への「事業所登録」の有無等について
本社と支店では別々で登録する。
つまり自分が支店の従業員としてはじめてのiDeCo加入者である場合、いずれの登録もない(もしくは、わからない)にチェックをする。
ミツルによる補足
会社の従業員がiDeCoに加入した場合、会社は国民年金基金連合会へ事業所登録を行う必要があるようです。
どうやら私は会社(支店)初のiDeCo加入者だったようです。
———-
以上。色々とわからないとこだらけでしたが、電話して質問すれば解決します。
2018年7月6日
会社の人から「書類の記入終わったよ」との連絡をもらい、丁重にお礼を言って完成した書類を受け取りました。
で、その他の書類とあわせて、7月8日に郵便ポストに投函しました。

iDeCoへ加入完了

ID、及び初期パスワードのお知らせが届く

2018年9月18日
2ヶ月以上経過して9月18日
「ID、及び初期パスワードのお知らせ」が届きました。
これで専用ページにアクセスすることができます。

個人型年金加入確認通知書などが届く

2018年9月?日
何日に届いたか忘れてしまいましたが、「個人型年金加入確認通知書」「掛金納付及び引落しについてのお知らせ」という書類も届きました。
資格取得年月日:2018年7月12日、iDeCoへの加入完了です。
残りの項目については次回の記事で説明します。

まとめ

会社員の場合、iDeCoは自分一人でこっそり始めるということができません。
会社を巻き込んで始める必要があります。

また、書類請求してから運用開始できるまでかなり時間がかかります(私の場合3ヶ月くらいかかってます)

iDeCoは運用を始めるまでが面倒ですが、ここが最大のハードルとも言えるので頑張って乗り越えましょう。

(続きます!)