【iDeCoとふるさと納税】ふるさと納税でちょっと失敗した話

iDeCoとふるさと納税はどちらも税制メリット(税金が安くなる)がある制度です。
どちらもうまく使えばお得な制度なのですが、iDeCoに加入している人がふるさと納税をする場合、少し注意すべき点があります。

私はちょっと失敗した経験がありますので(笑)、実体験を交えてお話したいと思います。

ふるさと納税の税制メリット

ふるさと納税とは、自治体(都道府県・市区町村)に寄付をすると、返礼品がもらえたりする制度です。
税制メリットとして、寄付金額に応じて所得税や住民税が安くなる(確定申告やワンストップ特例制度の利用など手続きが必要です)、という仕組みがあります。

具体的にいくら安くなるか?というと、(寄付金額 – 2,000円)です。
例えば、30,000円を寄付したら、所得税・住民税があわせて28,000円安くなります。
つまり、実質2,000円の負担で自治体が応援でき、返礼品までもらえてしまうということで人気の制度です。

ただし、寄付金額には上限(※)があります
・上限を超えなければ、2,000円の負担で済みます
・上限を超えると、2,000円の負担では済まなくなります

※厳密に言うと、2,000円の負担で済ませるための寄付金額の上限、なのですが長くなりますので「寄付金額の上限」で統一させてください。

そこで、寄付金額の上限をギリギリ超えない金額を寄付することが税制メリットを最大限活用するためのポイントになります。

寄付金額の上限(目安)をシミュレーション

では、寄付金額の上限はどうやって出すのか?
寄付金額の上限は、その年の所得金額から算出されます。
つまり、人によって異なり、所得が多いほど上限は高くなります。

自分自身の寄付金額の上限(目安)を知るには、ネットで使える無料シミュレーションがオススメです。
例えば、下記のサイトなど。

控除上限額シミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス] (https://www.furusato-tax.jp/about/simulation)

ミツルの場合

私もシミュレーションをしてみました。

給与収入などを入力します。
前年の収入などから予測して入力します、そのため、算出される結果はあくまで目安になります。

保険料なども予測して入力します。

その他必要事項を全て入力すると、寄付金額の上限(この金額までなら2,000円の負担でOK。目安なので前後する場合もあります)が算出されます。

私の場合は21,812円と出ました、じゃあ20,000円を寄付するか!
という流れで20,000円を寄付しました。

ちなみに、返礼品はお米でした。

そして、ワンストップ特例制度(※)の利用も完了!
※詳細な説明は省かせてください、ここでは、これを利用すると住民税が安くなると考えてもらえればOKです。

これで住民税が(寄付金額の20,000円 – 2,000円) = 18,000円安くなる、と思っていました。
しかし、翌年届いた住民税の決定通知書を確認すると全然違っていました。

画像下の摘要欄
・寄附金税額控除額(市)7,453
・寄附金税額控除額(県)4,969
とあります。ふるさと納税で住民税が安くなった金額です。

つまり、7,453 + 4,969 = 12,422円住民税が安くなったことになります。
18,000円安くなるはずだったのに計算が合いませんね。
2,000円の負担で済むはずが、7,578円(20,000円 – 12,422円)の負担になっちゃってます。

シミュレーションの結果は目安なので多少ズレがあったとしても違いすぎます。

iDeCoの掛金(小規模企業共済等掛金の金額)の入力を忘れていた!

前置きがやたら長くなってすみません。
iDeCoに加入している人がふるさと納税をする場合、注意すべき点、が今回のテーマでしたね。

それは…
寄付金額の上限をシミュレーションするとき、iDeCoの掛金(小規模企業共済等掛金の金額)の入力を忘れないように!
ということです。

そんなの忘れないよ!と思いそうですが、私は完全に忘れていました(笑)
ただ、iDeCoに加入したばかりという場合は、前年のデータが存在しないため忘れがちです。

ということで、iDeCoの掛金を入力して、再度シミュレーションを行いました。

小規模企業共済等掛金の金額を忘れず入力して再計算。

結果、寄付金額の上限は15,310円で、はじめに計算して出てきた21,812円とは全然ちがいますね。
上限は15,310円なのに、20,000円を寄付してしまったため、自己負担金額も2,000円では済まなくなちゃった、というわけです。

iDeCoに加入している人がふるさと納税をする場合は注意してくださいね。

でも、寄付はできたし、お米ももらえたしで、満足!です。
今回の話はあくまで税制メリットを活用する上での注意点なので、あまり細かく考えずに応援したい自治体に寄付をして、返礼品を頂いて感謝!みたいなのもアリだと思います。

まとめ

・iDeCoに加入している場合、ふるさと納税の寄付金額の上限(2,000円の負担で済ませる場合)が変わってきます

・シミュレーションを行う際はiDeCoの掛金(小規模企業共済等掛金の金額)の入力を忘れずに!